• 雨漏り修理は家を守ります

    人が住まなくなった家は、たとえ新築でも傷みが早く、急激に老朽化していきます。
    家はそこに人が住んで、日々の手入れをして、傷んだ箇所は早急に修理が必要です。
    家をきちんと手入れしていれば、新築の状態のまま長持ちします。

    手入れの有無により、老朽化のスピードは違いますが、それでも、確実に劣化していくのは否めません。



    やはり、手入れは絶対に怠るわけにはいきません。
    とくに、雨漏りはすぐに修理しませんと、雨漏りの状態のままのしておくと、急速に家の劣化が進みます。


    天井から水滴が落ちてくれば雨漏りに間違いありませんが、壁や天井にシミが出てくれば、疑うことなく雨漏りの兆候です。

    せっかく手に入れたマイホームの壁にシミはいただけません。

    すぐに、雨漏り修理が必要になります。
    雨漏り修理を怠りますと、屋根から室内に入ってきた雨水は、壁のシミとなり、亀裂を作ります。そのままにしておくとひび割れは広がり、壁の崩落に繋がります。また、天井裏に入った雨水は、梁などの木材にしみ込み、木材の劣化を早めます。
    白アリが巣くいやすい木材の状態に変化します。
    鉄筋や鉄骨に雨水が伝わると、すぐに錆が発生し急激に鉄の酸化が進みます。
    さびた金属は強度が低下して、脆くなります。
    せっかくの耐震対策も効果が減少します。



    さらに怖いことは、天井裏の電気の配線に、雨漏りした雨水が触れることで、漏電が起こり火災が発生することです。
    大事なマイホームが燃えて、家とともに思い出も消えていきます。

    毎日新聞の珍しい情報をご紹介しています。

    たかが、雨漏り修理と考えず、雨漏りの兆候を見つけたら、大至急修理対応しましょう。