• 屋根で雨漏りが発生した場合

    屋根は、建物の部分の中でも一番頑丈につくられているといっても言い過ぎではないでしょう。

    ロケットニュース24情報をお届けします。

    屋根だけでも費用がかなりかかっています。なぜこのように屋根には費用がかかるのかといえば、それは雨漏りが発生するからです。

    住宅の場合、雨に弱いと昔から言われていますが、住宅の素材である木材に雨がかかったり、湿気が発生した状態だとカビが生えたり、長い時間経過すると朽ちてしまいます。
    そうするともはや住居というには不十分で、大きな地震でも起こればあっという間につぶれてしまうでしょう。

    地震で家がつぶれれば命の問題になります。

    そこで、そうならないためにも雨漏り終了しておくことが大事になるわけです。


    雨漏り終了する場合にしておきたいことは、どこの部分が一番劣化しやすいかということです。
    一番劣化しやすいのは屋根のスレートや屋根瓦です。

    スレートや瓦は、時間の経過とともにわれたりひびが入ることがあります。



    いくら頑丈につくってあるとはいえ、自然の力は強く、直射日光が当たったり雪が降ったり雨が降ったりすると徐々に劣化していくからです。

    その隙間から雨水が入り雨もりが発生してしまうということです。



    次に多いのは、ベランダと外壁の接続部分です。
    ベランダに関しては、選んだ職人が作りますが、雨漏りに関してはそれほど深く精通していないので、その対策が十分にできていない場合もあります。


    それが原因で雨漏りが発生してしまい、お金がかかってしまうのです。