• 屋根の雨漏りの原因と対策

    雨漏りの一番の原因は、やはり建物の老朽化です。
    けれど、新築の家なのに、雨漏りが発生することもあります。
    この場合は、窓や換気口などの防水処理が、きちんと出来ていないことが考えられます。


    老朽化による雨漏りには、様々な原因があります。
    瓦屋根は、最下層に下地となる野地板があり、その上に防水シートを張っています。そしてそのシートの上に、瓦を葺くという構造になっています。



    瓦屋根は雨水を受けて、下に流す役割があります。

    防水シートと瓦が一体となって屋根を雨から守っているのです。


    しかし、この防水シートも万能ではないので、浸水や経年で劣化していきます。


    防水性能が落ちたところを雨水が突破し、室内への雨漏りに繋がるのです。



    状況にもよりますが、雨水が防水シートを突破するのには、それなりの時間がかかることがあります。

    goo ニュースの特徴をご紹介する情報です。

    徐々に日射や風雨によって痛み、役割が低下していくのです。


    まず、その低下を防ぐのが大事です。

    又雨どいに落ち葉が詰まったり、鳥が巣を作ったりすると雨水が流れない状態になります。行き場のなくなった雨水によって、雨漏りが起きます。
    雨どいは、常に点検しなければいけません。


    瓦屋根のずれは経年劣化によって起こりますが、雨が吹き込むだけでなく、瓦が落下する恐れがあります。


    この場合は危険ですので、即座に適切な処置を行うことが重要です。修理しても直ぐに再発するのは、原因究明が難しいからです。
    信頼のおける業者を見つけておくのも、大切なことです。